「買掛金」に関する記事

商品やの販売やサービスを提供したときに、後日代金を受け取る場合があり、このような取引の事を「掛け」と呼んでいます。買掛金とは、この掛け取引で生じた未収分を計上するときに用いられる勘定科目のことを指しています。なお、買掛金は計上された後、取引先に入金し次第、消込作業が行われます。反対語として売掛金があります。

SaaS×BPOで経理業務を効率化

経理クラウドサービスの導入や運用を任せるなら SaaS運用のプロ "Remoba"