1. 集計業務

「集計業務」に関する記事

集計業務とは、伝票などの資料を前にして数字を足していく作業のことを指します。簿記のニュアンスで使われる集計はそれぞれの勘定科目ごとに数字を集めて合計するという意味です。ちなみに、会計とも意味が異なり、集計は一人で出来るのに対し、会計は1人で集計した結果を誰かに説明することを指します(レジの会計など)。

SaaS×BPOで経理業務を効率化

経理クラウドサービスの導入や運用を任せるなら SaaS運用のプロ "Remoba"