「手形」に関する記事

手形はだれが、だれに、いつまでに、いくら支払うかを書いた有価証券のことです。手形は支払期日まで現金化することができないので、仕入などの支払いを先延ばしするために有効です。手形だと現金が出ていくのは通常2、3か月後であり、会社やお店は現金をできるだけ手元においておくことができます。手形を利用するには事前に銀行に当座預金の口座を開設する必要があります。

SaaS×BPOで経理業務を効率化

経理クラウドサービスの導入や運用を任せるなら SaaS運用のプロ "Remoba"