「大企業」に関する記事

大企業とは、資本金なら卸売業は1億円を超える企業、小売業なら資本金5,000万円を超える企業が該当します。従業員の数は、サービス業が100人以上、小売業が50人以上が該当します。大企業に分類される為には、資本金と従業員数の両方を満たしている必要があります。この条件を満たしている大企業は、日本の法人企業のうちで1%よりも少ないです。