1. 小口現金

「小口現金」に関する記事

小口現金は、企業で保持している現金と、勘定科目の事を言います。経費精算など、事業を行うなかで支払いを現金でしなければならない時のために業務として発生します。小口現金を管理するためには、現金出納帳に記帳し、毎営業日ごとに残高照合をするのが一般的です。現物の現金と、帳簿上の残高が合わないときのために、現金過不足という勘定科目を使用する場合があります。