1. 少子高齢化社会

「少子高齢化社会」に関する記事

少子高齢化社会は、出生率の低下と65歳以上人口比率の上昇のことです。将来的に若年層が減少し人口・経済・労働力が縮小することが懸念されます。そのため仕事と子育ての両立を目指して、次世代育成支援対策推進法によって各企業も行動計画を策定し公表する義務が課せられています。また、高年齢者雇用安定法で徐々に定年引上げや就業機会の確保が図られ、労働意欲のある高年齢労働者が今後増えていく事が予想されます。特に高年齢者雇用継続給付金の引き下げは、60歳以上65歳未満の高年齢労働者の給与額の設定に影響します。