1. 勤怠管理

「勤怠管理」に関する記事

勤怠管理は、使用者が労働者の就業状況を適正に把握する業務のことです。その目的は、労働時間が適性に守られていることを確認することです。勤怠管理については、厚生労働省によると、使用者が自ら確認・記録することと、機器を用いて客観的に確認・記録すること、労働者が出勤簿をつけて、会社に提出するといった3種類の方法があります。