1. 36協定

「36協定」に関する記事

36協定とは、労働基準法第36条に規定されている「時間外労働・休日労働に関する協定」のことです。法定の労働時間は1日8時間、週40時間以内とされているため、これを超える勤務を命じる場合には労働者の代表と36協定を結んで労働基準監督署に届出が必要です。有効期限があり、最大でも1年間です。そのため労務担当者は年に一回、すべての事業所の36協定を届け出ることになります。

SaaS×BPOで人事労務業務を効率化

人事労務クラウドサービスの導入や運用を任せるならSaaS運用のプロ "Remoba"

資料バナー