1. 当座勘定取引契約

「当座勘定取引契約」に関する記事

当座勘定取引契約は、当座預金口座の開設と共に、小切手や約束手形が使用できるように契約することです。小切手や約束手形は、現金を担保にすることで有価証券として信用を得ているという考え方ができます。そのため、当座預金を開設しても、当座勘定取引契約を締結するためには、銀行による審査を受けなければなりません。また、当座貸越という借入の契約もあります。