1. 減価償却

「減価償却」に関する記事

減価償却は高額の資産を購入した際に一度に費用にするのではなく、一定の期間で費用化するための勘定科目です。対象となる資産が決められていたり、少額の購入でも任意で資産とすることができたりと資産化するには要件があり、また試算によってどれくらいで費用化するか「耐用年数」が決められています。また減価償却も「定額法」や「定率法」、「生産高比例法」など種類があります。