1. 減価償却資産

「減価償却資産」に関する記事

減価償却資産とは、事業用の資産で購入価格の単価が10万円以上ある耐久性のある物の事を言います。代表的な物に建物、建物附属、機械、備品、車、ソフトウェアなどがあります。これ等の資産は、長期間継続して利用出来ますので会計上は、耐用年数に応じた期間で経費処理をする事になっています。なお土地に関しては、年月が経過しても価値が下がらないので減価償却資産には該当しません。