1. 発生主義

「発生主義」に関する記事

発生主義は、現金や預金の入出金の有無に関係なく、取引が発生した時点で費用と収益を計上するものです。例えば売掛金や買掛金など金銭の取引が後日でも、取引が確定している場合は計上できます。また、家賃や光熱費の支払いが使用月の翌月でも、あくまで使用した月に費用として計上できます。企業の会計方法の多くは発生主義が採用されています。