「備品」に関する記事

備品は、固定資産に計上される勘定科目の一つです。企業規模によって異なりますが、取得金額が20万円以上のものか30万円以上のものであり、車や建物ではないものがたいてい当てはまります。具体的にはパソコンや机、応接セットなどのことですが、一つ一つが金額に満たなくても、総額で20万円以上、30万円以上になると固定資産の備品とすることができます。

SaaS×BPOで経理業務を効率化

経理クラウドサービスの導入や運用を任せるなら SaaS運用のプロ "Remoba"