1. 複式簿記

「複式簿記」に関する記事

複式簿記は、すべての取引を原因と結果という二面性に着眼して記録していく方法です。例えば、現金で商品を仕入れた場合、現金という資産が減ったことが原因で、商品という資産が増えたという結果が生じます。複式簿記は、資産、負債、資本、費用、収益のいずれかのグループに属する勘定科目を用いて借方と貸方に仕訳することで、財産や損益を把握することができます。

SaaS×BPOで経理業務を効率化

経理クラウドサービスの導入や運用を任せるなら SaaS運用のプロ "Remoba"