「前受金」に関する記事

前受金とは、売上になる金銭をサービスや商品を受け取る前に貰った場合に計上する負債の勘定科目です。一般的な用語としては「手付金(内金)」と言われています。金銭をサービスや商品を受け取った段階で前受金を打ち消して、売上を計上します。継続的ではないサービスの提供にたいする処理に使われ、工事の取引などで多く出てきます。

SaaS×BPOで経理業務を効率化

経理クラウドサービスの導入や運用を任せるなら SaaS運用のプロ "Remoba"