「仮受金」に関する記事

仮受金とは、企業に入ってきたお金が、どういった理由で入金されたのか分からない時や、どこからの入金か分からない時に使用する流動負債の勘定科目です。後日、判明した時に振替して正しい勘定科目にします。企業での取引をしっかりと把握していればあまり出てくることが無い勘定科目ですので、もし決算に仮受金が残っていたら、印象の悪い決算書になってしまう可能性があります。

SaaS×BPOで経理業務を効率化

経理クラウドサービスの導入や運用を任せるなら SaaS運用のプロ "Remoba"