「立替金」に関する記事

立替金とは、その名の通り従業員や得意先、関連会社が支払うべきものを、一時的に立て替して支払いした場合に計上する勘定科目です。流動資産に計上されるものですので、短期間で決済されるものであり、長期間の立替にはほとんど使用しません。また金銭貸借契約書を結ぶこともしません。その場合は貸付金が使われることが多いです。

SaaS×BPOで経理業務を効率化

経理クラウドサービスの導入や運用を任せるなら SaaS運用のプロ "Remoba"