「掛取引」に関する記事

掛取引とは、商品を購入したその場で現金で支払いするのではなく、後日に支払いする取引です。毎月取引のある得意先の場合、1か月をまとめて次月に期限を設けて支払いする取引や、クレジットで支払いし後日に入金される取引などが該当します。会計上は入金がある場合は「売掛金」、支払いがある場合は「買掛金」で処理をして、後日に消し込みます。一般的に「売掛金」「買掛金」は原価に当たる取引を言いますので、それ以外の掛取引は「未収入金」や「未払金」が使われます。

SaaS×BPOで経理業務を効率化

経理クラウドサービスの導入や運用を任せるなら SaaS運用のプロ "Remoba"