1. 取引証明

「取引証明」に関する記事

取引証明とは、お金が動いたときにその取引が実際に行われたか証明するものです。請求書に対する領収書や、銀行のインターネットバンキングで支払った際に記録される支払明細などが該当します。取引を明確にしている証拠書類というものを「証憑」と呼びますが、取引証明も「証憑」の一つです。銀行の過去の明細が確認できる「取引明細証明書」というものもあります。

SaaS×BPOで経理業務を効率化

経理クラウドサービスの導入や運用を任せるなら SaaS運用のプロ "Remoba"