1. 休業手当

「休業手当」に関する記事

休業手当は、雇用者の責任で労働者を休業させる場合、雇用者が支払う手当のことですこの種の手当は法律で定められています。具体的には、労働基準法26条によると、雇用者の都合で労働者が休業される場合、雇用者が休業手当を支払う義務があります。次のケースが発生すると、休業手当がもらえます。「企業側の故意または過失による休業」、「経営不振による休業」、「資材不足による休業」など。