1. 【2022年最新版】オンラインアシスタントおすすめ35選徹底比較
【2022年最新版】オンラインアシスタントおすすめ35選徹底比較

オンラインアシスタントには、営業事務やデータ入力、WEBサイトの運用など幅広い業務を任せることができます。リモートアシスタントを利用することで、人手不足の解消やコスト削減をするため、本来やるべき業務に使える時間が増え、業績が伸びていきます。今回は数あるサービスの中から、おすすめを紹介していきます。

Remobaアシスタントトップ

目次

======================================

【Pick Up】▼当サイトでの人気トップ3!オンラインアシスタントを検討中なら、ホスピタリティの高いサービスを!

【1位】Remobaアシスタント

当サイトおすすめランキングNo.1!高いホスピタリティに多くの利用者が満足!

【2位】HELP YOU

【3位】BizWorkers

======================================

オンラインアシスタントとは

オンラインアシスタントとは、オンライン・リモートでクライアントの業務をサポートするサービスです。日本ではあまり馴染みのないサービスですが、海外では「バーチャルアシスタント」として幅広く取り入れられています。

オンラインアシスタントを導入することで、人材を雇用することなく専門スキルを持ったスタッフを活用することが可能です。

導入することで様々なメリットを享受することができます。

またオンラインアシスタントには、幅広く業務を依頼することができます。例えば、スケジュール管理やデータ入力・編集、メール・DM・電話対応、翻訳、経理、労務、webサイト運用などが挙げられます。

パソコン作業をしている女性

オンラインアシスタントのメリット

コア業務への集中

オンラインアシスタントの導入を検討している人の多くは、事務作業に時間を取られてしまい、コア業務に時間を割くことができていないと考えているはずです。部下はいるけど、結局自分で事務作業をやっている場合や、従業員を雇用するのはハードルが高いという悩みは多くあります。

オンラインアシスタントに事務作業を依頼することで、今までは時間がなくてできていなかった会社の成長のためのコア業務に集中することができます。実務経験が豊富でITリテラシーが高いオンラインアシスタントに依頼すれば、教育・研修する必要がなくすぐに雑務を任せることができます。

コア業務に集中することで、ビジネスの成長に繋がりやすい環境を構築することができます。

無駄なコストの発生を回避 

閑散期と繁忙期で業務量に大きな差が生じる場合、秘書を直接雇用していると必要以上にコストが発生する場合があります。簡単に解雇できないため、仕事量が少ない場合でも給与を払わないといけません。

また、従業員を雇う場合には、採用面接にかかる時間と労力、お金といったコストがかかります。また、採用後には保険や教育費などのコストもかかってきます。オンライン秘書の場合、このようなコストの発生を回避することができます。

欠員に対応できる

体調不良や事故などで急な欠員が出た場合、業務の進捗に影響が出る可能性があります。しかし、オンラインアシスタントであれば欠員が出た際の人材補充がスムーズに行えます。もちろん、補充の人材も即戦力として活躍できます。

また、育児休暇などで一時的に欠員が出る場合でも、オンラインアシスタントの導入が効果的でしょう。育児休暇の間だけ、欠員分の社員を雇うというのはなかなか難しいです。

高い専門知識を兼ね備えたオンラインアシスタントであれば、不足分を十分に担ってくれます。

さまざまな業務を依頼できる

オンラインアシスタントには以下のようなさまざまな業務を依頼することができます。

・スケジュール管理
・メール対応
・電話対応
・リサーチ調整
・データ入力・データ編集
・翻訳
・経理
・労務
・webサイト運用

このように、オンラインアシスタントを導入することで、様々な業務を依頼できるので、社員を1人雇うよりも優れています。

選ぶ時のポイント

1. ホスピタリティの高さ

オンラインアシスタントを選ぶ際のポイントとして、一番重要なことはホスピタリティの高さです。

「ホスピタリティ」とは心のこもったおもてなし、また、深い思いやりという意味です。

オンラインアシスタントの導入を検討中なら、ホスピタリティの高いサービスを選ぶようにしましょう。ホスピタリティの高いサービス、それは相手の望むことを察する力、想像する力を持っている業者のことです。

ホスピタリティは利用者の満足度などから判断することができます。

ホスピタリティの観点から選ばなかった場合、細かいところに配慮が届いていなかったり、依頼する手順が面倒だったりするので、時間や費用を削減しようと導入したはずが、「実際にはあまりコストを削減できていない」、また「余計に手間が増えてしまった」といった事態になりかねません。

インターネットの時代、相手がより見えなくなってしまう恐れがありますので、このような観点からサービス選びをする必要があります。

2. チームによるサポート

オンラインアシスタント業者を選ぶとき、チームでサポートをしてくれるかということもおさえておきたいポイントです。

チームでサポートしてくれるから、スピーディーに、かつ正確に業務に対応してもらうことができます。

各クライアントに対して、専門のチームを構築しているサービスは提供する業務の質は高くなります。

長期間、安定したサポートを受けるためにはやはりチームの力が必要です。

3. 丁寧な事前ヒアリング

オンラインアシスタントを導入する以前には、事前の丁寧なヒアリングが必須です。事前のヒアリングによって、業者はサポートして欲しい内容を明確化させることができます。

こちらも一点目に述べたホスピタリティにつながる部分ですが、丁寧なヒアリンングがあることで、依頼内容に齟齬が起こらずクオリティの高い業務を提供してくれるでしょう。

依頼のブレが発生しないように、スケジュール調整、メール対応、書類作成などの秘書業務を依頼したいのか、経理であったり、労務などの幅広い仕事を依頼したいのか、細かく確認しあう必要があります。

ファイル

4. 依頼できる業務範囲

依頼できる業務の範囲を確認しておくことは、オンラインアシスタントを導入する際に必須になってきます。

いざ、オンラインアシスタントを利用し初めると、さまざまな業務を依頼したくなります。

例えば、初めはデータ入力だけを依頼しようと導入したオンラインアシスタントだったが、利用しているうちにスケジュール管理もお願いしたいと思うようになってきたとしましょう。オンラインアシスタントにスケジュール管理を頼んだら、それは対応範囲外となってしまう場合があります。

このようなことが起きてしまうと、新たにオンラインアシスタントサービスを探す手間が増えてしまいます。そのため、導入前にどのような業務を依頼することができるか確認するようにしましょう。

データ入力・編集やスケジュール管理、翻訳、経理、労務、営業事務などさまざまな業務を幅広く依頼できるオンラインアシスタントを選ぶことは大切です。

5. ITリテラシーの高さ

オンラインアシスタントの方々に必須の能力は、ITリテラシーです。

一般的秘書を雇うのなら、ITリテラシーはそれ程必要としないのかもしれませんが、 オンラインアシスタントにとっては必要と言えます。

ITリテラシーが高いオンラインアシスタントとは、どのようなITツールにも対応ができ、円滑なコミュニケーションで業務を遂行できる人のことです。

採用基準が厳しいサービスに在籍しているアシスタントのITリテラシーレベルは高いです。

『オンラインで働く上でのスキル教育・研修が行われている』、『採用基準が厳格で採用率が低い』といったサービスであれば、問題ないでしょう。

6. 認知度

認知度に関してはある程度重要になってきますが、認知度だけでは選ばないようにしましょう

「認知度が高いから、このオンラインアシスタントサービスにしよう」、「認知度が高ければ、安心だ」と決めつけてしまうと、失敗してしまう場合があります。認知度が高いサービスの場合は、体制がオートメーションサポートになっている場合があります。

一人一人の顧客に対してはホスピタリティが低くなってしまう可能性があります。形式的なサポートでは、業務が効率化しません。

ですので、認知度だけで選ばず、先ほども言ったようにホスピタリティの観点からサービスを比較することが大切です。

しかし、認知度が全く高くないサービスを選ぶのもリスクがありますので、そこの部分には注意が必要です。

7. 価格

オンラインアシスタントをどう選べばいいかわからない場合、つい料金で決めてしまう方々は少なくありません。

しかし、オンライン主流のサービスなので、料金だけで決めてしまうことにはリスクあります。

どんなモノやサービスにも言えることですが、価格が低いとその分欠点がどこかにあるということを考える必要があります。

だからと言って、価格が高ければいいというわけでもありません。価格が高いサービスの場合、必要のないオプションが付いてしまってる場合があります。

価格も比較の観点ではありますが、やはり大事なのは、ホスピタリティマネジメントを大事にしていサービスなのかです。

8. 即時利用可能か

即時利用が可能かどうかも選ぶ際の指標になってくるでしょう。

いますぐにでも、任せたい業務があるという場合は、即時利用可能なサービスを選ぶべきでしょう。

しかし、そうではない場合は、しっかりとしたヒアリングをしてもらった上で、業務を依頼するのが良いです。

即時利用ができるサービスのクオリティは便利ですが、「認識の齟齬が起きてしまう」、「雑な業務提供をされる」といった問題がある可能性があります。

利用者がどのような課題を抱えていて、どんな業務を依頼したいのか、適切なヒアリングをしてもらえるサービスがおすすめです。

オンラインアシスタントサービスおすすめ35選

ここからは、当サイトでおすすめするオンラインアシスタントサービス35選を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

1. Remobaアシスタント

Remobaアシスタント

Remobaアシスタントは、株式会社Enigolが運営するオンラインアシスタントサービスです。オンラインアシスタントサービス総合満足度No.1のサービスと評価されています。

実際に利用者から、「ホスピタリティが高い」、ヒアリングが丁寧で細かい配慮が行き届いている」、「事務作業から解放された」と高評価を得ています。

バックオフィス業務を中心に、データ入力やスケジュール管理、翻訳、経理、労務、webサイト運用など、幅広いサポート業務に対応。

在籍するスタッフは、東証一部上場企業での勤務経験者や、秘書業務や庶務業務の実務経験者もいて、クライアントごとに専門のチームを構成してサポートしているため、常にクオリティの高い仕事を提供できます。

在籍しているアシスタントは独自の厳しい採用基準を突破した優秀な人材であり、オンラインで働く上で重要なスキルの教育・研修を受けているため、ITリテラシーは高くなっています。

Remobaアシスタントの導入で、やるべきことに集中することが可能となり、成果が出やすい環境に変化するので、効率的に働けるようになったり、採用費用がかからないことからコストの削減にもつながります。

現在、今なら先着100社限定で通常月額50,000円のコンサルティングプランの料金が、1ヶ月分無料になるキャンペーンを開催中です。先着100社限定のため、キャンペーンが早期に終了する可能性があります。導入を検討しているのであれば、早めに申し込みすることをオススメします。

項目

内容

サービス名

Remobaアシスタント

運営会社

株式会社Enigol

対応地域

日本全国

対応メニュー

スケジュール調整、メール対応、リサーチ調整、データ入力、

翻訳、経理、労務、webサイト運用その他アシスタント業務

参考ホームページ

Remobaアシスタントはこちら

2. HELP YOU

HELP YOU

HELP YOUは、株式会社ニットが運営するオンラインアシスタントサービスです。採用率1%という狭き門をくぐり抜けたスタッフが、幅広い業務をサポートします。優秀な人材により案件にあったチームを編成しているため、安定性は保証付です。優秀なサポート姿勢がクライアントにも評価され、継続率98%と高い数字を維持しています。

項目

内容

サービス名

HELP YOU

運営会社

株式会社ニット

対応地域

日本全国

対応メニュー

資料作成、電話/メール対応、その他サポート業務  

参考ホームページ

HELP YOUの詳細はこちら

3. BizWorkers

BizWorkers

BizWorkersは合同会社KOSKeeが運営するオンラインアシスタントサービスです。BizWorkersは、法人だけではなく個人事業主でも利用することができます。また、契約時間が余った場合は翌月に繰越が可能です。

項目

内容

サービス名

BizWorkers

運営会社

合同会社KOSKee

対応地域

日本全国

対応メニュー

秘書業務、経理業務、WEBサイト制作など     

参考ホームページ

BizWorkersの詳細はこちら

4. スーパー秘書™️

スーパー秘書™️

スーパー秘書™️は、ガイアモーレ株式会社が運営するオンラインアシスタントサービスです。クライアント専属の「コーディネーター」が用意され、業務のヒアリングからサポートまでを徹底的に行います。約100名の厳選された秘書が、コーディネーターと連携しながらスムーズに業務をササポートします。

項目

内容

サービス名

スーパー秘書™️

運営会社

ガイアモーレ株式会社

対応地域

日本全国

対応メニュー

経理代行業務、秘書代行業務、セミナー事務局代行など

参考ホームページ

スーパー秘書の詳細はこちら

5. source

source

sourceは株式会社トーイングウーマンが運営するオンラインアシスタントサービスです。サポートするスタッフは、社会人歴10年以上のキャリアスタッフのみで構成。初回利用に限り、3時間分の無料トライアルも用意しています。

項目

内容

サービス名

source

運営会社

株式会社トーイングウーマン

対応地域

日本全国

対応メニュー

営業サポート、人事サポート、秘書サポートなど   

詳細

sourceの詳細はこちら

6. ビジネスアシスト

ビジネスアシスト

ビジネスアシストは、株式会社ビジネスアシストが運営するオンラインアシスタントサービスです。電話代行に特化したビジネスアシスタントサービスで、担当する秘書スタッフは全て正社員です。住所貸しや専用FAX番号貸しなど、電話代行に特化したサービスならではのオプションも用意されています。

項目

内容

サービス名

ビジネスアシスト

運営会社

株式会社ビジネスアシスト             

対応地域

日本全国

対応メニュー

電話代行業務

参考ホームページ

https://www.biz-assist.co.jp/

7. Kaori-san

Kaori-san

Kaori-sanは、Kaori-san株式会社が運営するオンラインアシスタントサービスです。日本のみならず、アメリカ、中国、韓国にもスタッフが在籍しているため、海外の取引が多い企業にもオススメです。また、導入後1ヶ月以内であれば返金保証も利用できます。

項目

内容

サービス名

Kaori-san

運営会社

Kaori-san株式会社

対応地域

日本、アメリカ、中国、韓国

対応メニュー

オンラインビジネス秘書、オンライン個人秘書、オンライン電話から選択

参考ホームページ

http://www.meetkaori.com/ja/

8. For your Business

For your Business

For your Businessは、株式会社Radiceが運営するオンラインアシスタントサービスです。厳しい独自基準をクリアし、Radiceに長期雇用しているアシスタントをクライアントに提供。バックオフィス業務のみならず、デザインやコーディングなど専門スキルが必要な業務にも対応しています。

項目

内容

サービス名

For your Business

運営会社

株式会社Radice

対応地域

日本全国

対応メニュー

WEBデザイン、コーディング、事務作業など     

参考ホームページ

For your Businessの詳細はこちら

9. SUPPORT+iA

SUPPORT+iA

SUPPORT+iAは、グランサーズ株式会社が運営するオンラインアシスタントサービスです。サポートするスタッフは全て正社員で構成されており、正社員ならではのクオリティの高いサービスを提供しています。また、1ヶ月30,000円(6時間)のプランもあるため、業務量が少なくても気軽に利用することができます。

項目

内容

サービス名

SUPPORT+iA

運営会社

グランサーズ株式会社

対応地域

日本全国

対応メニュー

財務業務、人事業務、総務業務など         

参考ホームページ

https://g-vs.com/service/

10. CasterBiz

CasterBiz

CasterBizは、株式会社キャスターが運得するオンラインアシスタントサービスです。採用倍率100分の1の中から選ばれた優秀なスタッフが、業務をサポートします。チーム制を採用しているため、幅広い業務にフルコミットが可能。スタッフはクライアントからの依頼に即応答できるよう、常にオンライン上で待機しています。

項目

内容

サービス名

CasterBiz

運営会社

株式会社キャスター

対応地域

日本全国

対応メニュー

リサーチ業務、電話対応業務、その他秘書業務    

詳細

CasterBizの詳細はこちら

11. フジ子さん

フジ子さん

フジ子さんは、フジア株式会社が運営するオンラインアシスタントサービスです。ハイレベルなアシスタントチームが、幅広いを業務をサポートします。1週間(実働時間2時間)の契約期間が無料の「トライアル」プランがあり、気軽に試すことができます。

項目

内容

サービス名

フジ子さん

運営会社

フジア株式会社

対応地域

日本全国

対応メニュー

経理業務、秘書業務、人事業務など         

詳細

フジ子さんの詳細はこちら

12. her style

her style

her styleは、株式会社her styleが運営するオンラインアシスタントサービスです。女性スタッフが中心に活躍しており、オンラインだけではなくオフラインでのサポートにも対応しています。セミナーやワークショップなどの運営代行はオフラインが便利です。オフラインでのアシスタントを希望するなら、her styleはオススメのサービスです。

項目

内容

サービス名

her style

運営会社

her style株式会社

対応地域

日本全国

対応メニュー

秘書代行、経理・事務代行、セミナー代行など.            

参考ホームページ

https://herstyle.co.jp/

13. ホームオフィス

ホームオフィス

ホームオフィスは、ソフトブレーン・フィールド株式会社が運営するオンラインアシスタントサービスです。所属するスタッフは、出産や介護を機に生活環境が変わった主婦が中心です。データ入力などのかんたんな作業から、専門スキルの必要な作業まで幅広く対応します。また、主婦の強みを活かして、店頭現状の調査を行う「フィールドサーチ」や、覆面で店頭スタッフの評価などをする「ミステリーショッパー」なども行います。

項目

内容

サービス名

ホームオフィス

運営会社

ソフトブレーン・フィールド株式会社

対応地域

日本全国

対応メニュー

データ化業務、翻訳業務、レシート画像のデータ化業務など

参考ホームページ

https://www.sbfield.co.jp/home-office/

14. メリービス

メリービス

メリービスは、メリービス株式会社が運営するオンラインアシスタントサービスです。経理業務に特化しており、日本全国のプロ経理スタッフがあらゆる経理業務をサポートします。決算業務や会計ソフトの導入などもサポートしており、経理業務を幅広く任せることが可能です。

項目

内容

サービス名

メリービス

運営会社

メリービス株式会社

対応地域

日本全国

対応メニュー

経理全般(決算、会計ソフト導入、コンサルティング)

参考ホームページ

https://merrybiz.jp/

15. argestyle

argestyle

argestyleは、合同会社アージュスタイルが運営するオンラインアシスタントサービスです。契約時間内であればサービスが使い放題なので、面倒なバックオフィス業務をまるごと任せることができます。1ヶ月あたりの契約時間を、「30時間」「60時間」「90時間」の3つから選択できるので、業務量に合わせた依頼が可能です。

項目

内容

サービス名

argestyle

運営会社

合同会社アージュスタイル

対応地域

日本全国

対応メニュー

各種資料作成、Web媒体運営、秘書代行業務など   

参考ホームページ

https://argestyle.biz/

16. タスカル

タスカル

タスカルは、株式会社Colorsオンラインアシスタントサービスです。依頼する時は、マニュアルは不要。業務を行いながらアシスタントが必要なフローを作成するので、気軽に依頼できるのもタスカルの強み。急なスポット稼働も可能、最短即日からサポートできるので、急に依頼したい企業にあっていると言えます。

項目

内容

サービス名

タスカル

運営会社

株式会社Colors

対応地域

日本全国

対応メニュー

総務業務、秘書業務、経理業務など         

参考ホームページ

タスカルの詳細はこちら

17. ビズアシスタント オンライン

ビズアシスタント オンライン

ビズアシスタントオンラインは、株式会社クラウドワークスが運営するオンラインアシスタントサービスです。事務局によるスキルチェックと面接をクリアした、ハイレベルなスタッフのみをクライアントに提供しています。業務開始後はクライアントとアシスタントの双方とフィードバックを実施し、スムーズに業務が進むようサポートしています。

項目

内容

サービス名

ビズアシスタントオンライン

運営会社

株式会社クラウドワークス 

対応地域

日本全国

対応メニュー

営業事務、人事労務、経理業務など         

参考ホームページ

https://bizasst.jp/client/

18. Lancers Assistant

Lancers Assistant

Lancers Assistantは、株式会社ランサーズが運営するオンラインアシスタントサービスです。アシスタント業務、営業、マーケティングなどの業務の他、コンテンツSEOの分析・施策の代行もサポート。WEBコンテンツに注力したいクライアントにはおすすめのサービスです。

サービス名

Lancers Assistant

項目

内容

運営会社

株式会社ランサーズ

対応地域

日本全国

対応メニュー

営業支援、秘書業務、WEBマーケティングのサポートなど

参考ホームページ

https://www.lancers.jp/assistant

19. e秘書

e秘書

e秘書は、株式会社ベルシステム24ホールディングスが運営するオンラインアシスタントサービスです。電話代行に特化したサービスで、通信販売や小売業、専門スキルを必要とする法律事務所など幅広い職種で利用されています。多言語でのサービスにも対応しているので、海外との取引が多い企業でも安心です。

項目

内容

サービス名

e秘書

運営会社

株式会社ベルシステム24ホールディングス      

対応地域

日本全国

対応メニュー

電話代行サービス(多言語可)

参考ホームページ

https://www.tas.bell24.co.jp/

20. nene biz

nene biz

nene bizは、株式会社neneが運営するオンラインアシスタントサービスです。サービス内容は秘書業務がメインとなり、専門教育を受けた秘書が即戦力として業務をサポートします。担当する秘書は全て情報管理の研修を受講しており、定期的に情報を破棄するなどして、機密情報の管理を徹底しています。

項目

内容

サービス名

nene biz

運営会社

株式会社nene

対応地域

日本全国

対応メニュー

秘書業務全般(電話対応、スケジュール対応など)  

参考ホームページ

https://ne-ne.co.jp/biz/

21. Genny

Genny

Gennyはテルフィーズ株式会社が運営するオンラインアシスタントサービスです。個人情報、行動情報、社内機密情報の全てを暗号化し、金融機関さながらの高セキュリティを導入しています。2週間の利用料金が0円になるキャンペーンを実施しており、導入しやすいのもメリットです。

項目

内容

サービス名

Genny

運営会社

テルフィーズ株式会社

対応地域

日本全国

対応メニュー

総務業務、秘書業務、経理業務など         

参考ホームページ

https://genny.jp/

その他のオンラインアシスタント

22. なげっぱ | オールインワンソリューション株式会社

23. B-FOLLOW | 株式会社アプリケーション

24. My Assistant | 株式会社キャスター

25. Web特命係 | 株式会社米岡

26. noncore | 株式会社セイシン総研

27. mamasan&company | Mamasan&Company 株式会社

28. HISHOSUPPL | 株式会社Welfill

29. ASHIGARU | 株式会社ハエモリ企画

30. BizMow | BizMow株式会社

31. hersell | 株式会社 hersell

32. 猫の手アシスタント

33. James | 株式会社ジェームス

34. RenWork | 株式会社レンワーク

35. カシコマリ | SUNITED株式会社

オンラインアシスタントならRemobaアシスタント

ここまで、オンラインアシスタントサービス35選を紹介してきました。オンラインアシスタントサービスを選ぶ基準を総合的に判断し、もっともオススメできるのがRemobaアシスタントです。

オンラインアシスタントを選ぶ上で重要な5つのポイントとともに、理由を解説します。

1. ホスピタリティの高さ

オンラインアシスタントを選ぶ際のポイントとして、一番重要なことはホスピタリティの高さです。

Remobaアシスタントは実際に利用者から、「ホスピタリティが高い」、ヒアリングが丁寧で細かい配慮が行き届いている」、「事務作業から解放された」と高評価を得ています。

2. チームによるサポート

オンラインアシスタント業者を選ぶとき、チームでサポートをしてくれるかということもおさえておきたいポイントです。

チームでサポートしてくれるから、スピーディーに、かつ正確に業務に対応してもらうことができます。

Remobaアシスタントは、クライアントごとに専門のチームを構成してサポートしているため、常にクオリティの高い仕事を提供できます。

3. 丁寧な事前ヒアリング

オンラインアシスタントを導入する以前には、事前の丁寧なヒアリングが必須です。事前のヒアリングによって、業者はサポートして欲しい内容を明確化させることができます。

こちらも一点目に述べたホスピタリティにつながる部分ですが、丁寧なヒアリンングがあることで、依頼内容に齟齬が起こらずクオリティの高い業務を提供してくれるでしょう。

依頼のブレが発生しないように、スケジュール調整、メール対応、書類作成などの秘書業務を依頼したいのか、経理であったり、労務などの幅広い仕事を依頼したいのか、細かく確認しあう必要があります。

4. 依頼できる業務範囲

依頼できる業務の範囲を確認しておくことは、オンラインアシスタントを導入する際に必須になってきます。

Remobaアシスタントは、データ入力・編集やスケジュール管理、翻訳、経理、労務、営業事務などさまざまな業務を幅広く依頼できます。

全国から集まる優秀なアシスタントが多く在籍しているため、さまざまな業務に対応可能です。

5. ITリテラシーの高さ

オンラインアシスタントに必須の能力は、ITリテラシーです。

Remobaアシスタントでは、在籍しているスタッフにオンラインで働く上でのスキル教育・研修が行こなっています。また、採用基準が厳格で、100人に1人の割合での採用になるため、自責しているスタッフのレベルは高いです。

そのため、どのようなITツールにも対応ができ、円滑なコミュニケーションで業務を遂行できるITリテラシーが高いアシスタントが多くいます。

オンラインアシスタント導入例

次に、オンラインアシスタントに依頼をした際の業務内容の例を紹介します。

【人材事業】1人雇うまでもない仕事を依頼

日々の面倒だけどもやらなくてはならない事務作業などの雑務を多く抱えていた人材事業を行う企業。

アルバイトを雇っていましたが、業務のクオリティで物足りない点や、モチベーションコントールの大変さから雑務を自分で行っていました。

また、秘書のような人を雇うことを考えていましたが、1人雇うまでもない仕事であるため、雇用するか悩んでいました。

オンラインアシスタントを導入した結果、スケジュールに遅れることなく業務を進行できたり、コア業務に集中できたりするようになりました。

導入例  
クライアント業種 人材事業
導入背景 日々の事務作業による時間のロスト
依頼業務

スケジュール管理、Instagramの運用、既存アカウントの投稿代行、

DM返信、新人さん用マニュアルの作成、データ入力、リサーチ

作業時間 30時間/月
連絡ツール ChatWork
導入結果

・コア業務への集中

・スケジュール通りの業務進行

【小売】社内の人材が忙しく新しい施策ができなかった

IT領域の人材が忙しく施策は行いたいが時間がない状況でした。

新しいIT環境上でのリリースにあたり、データの入力や移行に手間がかかり、多くの時間が割かれていました。そのせいでコア業務に割きたい時間が足りなくなること課題が起きていました。

オンラインアシスタントを導入することで、時間がなく対応できたいなかった新しい施策を行ったところ、サイト流入がアップしました。

導入例  
クライアント業種 小売
導入背景 社内の人材が多忙で新しい戦略を立てられなかった
依頼業務 データ入力、データ更新、コンテンツ移管
作業時間 30時間/月
連絡ツール Slack
導入結果 ・新戦略を実行でき、流入が流入アップ

【Web広告代理店】秘書が隣にいるかのように依頼

会議室や会食場所のリサーチや、社員の出張時の宿泊先、移動手段のリサーチ、議事録音声のデータ化、翻訳などの様々な業務に追われていました。秘書を1人雇うか迷いましたが、様々なコストがかかることを考慮し、オンラインアシスタントの導入を決めました。

秘書さんが隣にいるかのように感じられ、依頼することは簡単でストレスなくできました。ヒアリングがしっかりしていたため、業務内容に齟齬が起きず安心して依頼できました。

導入例  
クライアント業種 Web広告代理店
導入背景 秘書を雇うと、様々なコストがかかるため迷っていた
依頼業務

会議室や会食場所のリサーチ、社員の出張時の宿泊先、移動手段のリサーチ

議事録音声のデータ化、翻訳、メディアのリスト化、営業メール添付

作業時間 60時間/月
連絡ツール Slack
導入結果

・ノンストレスで業務を依頼でき、業務効率化

・秘書を雇うコストの削減

オンラインアシスタント利用開始までの流れ

資料請求・問い合わせ

どんなサービスもそうですが、まず始めに資料請求や問い合わせをしてそのサービスについて知るところから行いましょう。

各サービスのHPには、資料請求フォームやお問い合わせフォームが設置されています。興味のあるサービスの資料請求をし、内容を理解するようにしましょう。また、どんな業務を依頼できるのかできないのか、料金プランはどのようになっているかなど、気になっていることをお問い合わせフォームに記入するのもいいでしょう。

以下はRemobaアシスタントの各フォームになりますので、ご確認ください。

>>資料請求フォームはこちら
>>お問い合わせフォームはこちら

相談・打ち合わせ

資料請求や問い合わせをした後は、相談や打ち合わせを行います。相談・打ち合わせの方法は、メールや電話、ビデオチャットなど相談・打ち合わせの方法は様々です。

依頼したい業務内容や求める人材スキル、抱えている課題などを伝えて、サービス内容の提案をしてもらいましょう。

この打ち合わせの時点で密にやりとりを取ることが重要になってきます。どんな業務が課題となっているのか、どれだけの時間でやって欲しいのか、どのように業務を進めるのかなど、詳しくヒアリングをしてもらうことで、効率的に依頼することができます。

サービスの中には、無料で相談をしてもらえるものもありますので、有効活用していきましょう。

契約

相談・打ち合わせにて、どんなサービスを依頼するのか、料金はいくらなのか等の事項が決定したら、契約になります。

契約書を締結し、サービスの開始となります。

サービス開始

slackやchatwork、メール、電話などでどのような業務を依頼するのか、どのように業務を進めていくのかなど、業務フローや運用ルールを設計していきます。

オンラインアシスタントはリモートなのでどこにいても利用することができます。

オンラインアシスタント導入で業務効率化を

オンラインアシスタントを導入することで、様々なメリットをメリットを享受する事ができます。

・「業務の効率化」
・「コア業務への集中」
・「コスト削減」
・「職場環境の改善」
・「欠員への対応」

採用や教育のコストがかからず、高いクオリティのサポートを提供してくれるオンラインアシスタントは、業界や業種を問わずどんな企業でも利用できます秘書業務や文書作成などの雑務に加え、Web運用や経理、労務など幅広い業務を依頼できるため、コストを削減しつつ生産性を向上させたい企業は積極的に導入してみましょう。

これらの悩みを全て解決できる、Remobaアシスタントはオススメです

サポートの内容、スタッフの品質、料金プランなどを総合的に判断し、自社にマッチしたオンラインアシスタントサービスを選びましょう。

オンラインアシスタントで業務効率化

事務作業をオンラインで任せるならリモートワークのプロ "Remoba"

資料バナー

この記事の監修者

柳沢 智紀のプロフィール画像

株式会社Enigol

柳沢 智紀

株式会社リクルートホールディングスにIT人材として新卒入社し、集客戦略やマーケティング業務を経験後、SaaS事業部で事業開発を経験。その後、PayPalにて新規事業領域のStrategic Growth Managerを担当の後、株式会社Enigolを創業。SaaSサービスやAPI連携について、日々調査している。

資格
Remobaアシスタントトップ

目次

Remobaアシスタントの関連記事

サービス一覧

Remoba経理トップ
Remoba労務トップ
Remoba採用トップ
Remobaアシスタントトップ