1. 時間外労働

「時間外労働」に関する記事

時間外労働は、法律で定められた労働時間の限度を超えた労働のことです。労働基準法第36条によると、1日に8時間、週に40時間、以上の労働が制限されます。その時間以上労働させるには、36協定の締結・届出と2割5分以上の割増賃金の支払が必要です。使用者と労働者が合意しても、労働基準法第36条6項に違反した場合、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられるということです。