1. 【2022最新版】TikTok運用代行のおすすめ9選比較
【2022最新版】TikTok運用代行のおすすめ9選比較

【2022最新版】TikTok運用代行のおすすめ9選比較

アシスタント 更新日:
リンクをコピー

TikTokはショートムービープラットフォームという特殊な性質上、知識がないと効果的な運用が難しいのも事実。TikTok運用代行サービスを導入することで、時間と手間を省きつつ、効果的な運用ができます。今回はTikTok運用代行の概要や選ぶポイント、おすすめのTikTok運用代行サービス6選を紹介します。

Remobaアシスタントトップ

目次

TikTok運用代行とは

TikTok運用代行とは、SNSマーケティングに特化した企業がクライアントに代わってTikTokを運用するサービスのこと。具体的には、企画の立案や戦略の決定、TikTokerを使った動画の撮影や投稿、TikTok広告の運用、フォロワーへの対応、レポーティングなどを実施します。

TikTokは今、SNSや動画配信アプリの中でも大きな影響力を持っている媒体に成長しています。中でもZ世代と呼ばれる10代〜20代の若者の流行TikTokから始まっているといっても過言ではありません。

そのような背景から多くの企業がTikTokをビジネスに活用するようになっています。TikTokを使ってバズることができれば、企業の成長に大きく影響を与えます。

しかし、TikTokが流行っているとは知りながらも、「どのような動画をアップロードすればいいのか」、「TikTok広告はどのように運用すればいいのか」など、わからないことが多い企業も多いでしょう。

そんな方のためにおすすめなサービスが、TikTok運用代行です。

TikTok運用代行を導入することで、企業やサービスの認知拡大、新たなターゲット層へのリーチが期待できます。新たなコンテンツを使い始めるのには大きな労力と時間を要しますが、TikTok運用代行に任せてしまえばそのコストを削減することができます。

パソコンとスマホとノート

TikTok運用代行を利用するメリット

TikTokの運用を代行してもらうと享受できるメリットを紹介します。

1. 自社で運用するより成果が出やすい

まず第一に、TikTok運用代行に依頼すると、成果が出やすいということが挙げられます。

TikTok運用代行会社は、TikTokの運用における多くのノウハウやスキルを持っているため、自社で運用するよりも早く成果につながります。

自社にTikTokについて熟知している従業員がいれば良いのですが、多くの企業でそのような従業員が在籍していることは少ないです。TikToktについてあまり知らない人が1から運用をするとなると、結果が出るまでに多くの時間かかってしまうことになりかねません。

TikTok運用代行会社に依頼すると、より効率的に素早く企業のPRをすることができます。

2. コストが削減される

メリットの二つ目として、さまざまなコストが削減されることが挙げられます。

自分でTikTokを運用していくとなると、まずTikTokについて知ることから始めなければなりません。また、アカウント作成やブランディングをする時間もかかります。

さらに動画の内容を考えたり、実際に撮影をしたり、動画の分析をしたり、、、

このようにTikTokの運用を自分でやるとなると、さまざまな工数が発生してきます。

また、従業員に任せる場合でも、同じようなコストが必要となります。

TikTok運用代行にまるっと依頼することで、これらのコストは発生せず、TikTok運用担当者を自社で用意する必要がなくなります。

3. 影響力が大きく、広まりやすい

若者を中心に多くの人がTikTokを視聴する時間が増えています。有名TikTokerは大きな影響力を持っており、そんなTikTokerが流した情報は速いスピードで広まっていきます。

TikTokは動画によるSNSであるため、他のSNSと比較して訴求力が高くなっています。

運用代行会社に任せることで、より効率的に企業のPRをすることができます。

窓際の机に置かれたパソコン

選ぶ時のポイント

TikTok運用代行を選ぶ時のポイントは、以下の3つです。

1. 代行範囲を明確にする

ポイントの1つ目は「代行範囲を明確にする」ことです。TikTok運用代行と一口に言っても、その代行範囲はさまざまです。

TikTokアカウントの開設、フォロワーへの対応、分析やレポーティングなど、どの範囲まで代行を依頼するのか事前に明確にしておきましょう。事前の代行範囲を選ぶことで、より導入コストの削減にもつながります。

2所属TikTokerを確認する

ポイントの2つ目は「所属TikTokerを確認すること」です。TikTokerにはそれぞれ得意・不得意分野があるため、自社のブランドや商品、サービス内容にマッチしたTikTokerをアサインできるか確認しておきましょう。

フォロワー数も重要ですが、希望するターゲット層とTikTokerの相性が悪ければ、効果は期待できません。影響力(フォロワー数)が強く、得意ジャンルが自社の商品やサービスとマッチするTikTokerを起用しましょう。

3コストを比較する

ポイントの3つ目は、「コストを比較すること」です。TikTok運用代行でより費用対効果を高めるためには、複数の運用代行サービスとの比較が重要です。導入目的やTikTokerを確認したら、複数のTikTok運用代行サービスから見積りを取得し、比較検討します。見積りを比較することで、料金の相場を把握できる上、より交渉もしやすくなります。

料金だけで選ぶのはおすすめしませんが、比較検討することでのデメリットはありません。費用対効果を高めるためにも、比較検討して総合的に判断しましょう。

TikTok運用代行おすすめ6選

①株式会社Enigol

株式会社Enigol

株式会社Enigolは、デジタルコミュニケーションの戦略設計から認知、導入までを一気通貫でサポートする企業です。SNSマーケティングや広告運用、DXコンサルを得意としています。

TikTok運用においては、アカウント開設支援から、ショートムービーの撮影・編集、コメント欄の監視、DM対応、分析・レポーティングなど幅広く運用の支援を依頼することが可能です。広告の運用も得意としているため、効果的なTikTok広告を打ち出し、企業のビジネスの成長につながりやすくなっています。

運営会社

株式会社Enigol

特徴

・アカウント開設から動画作成、分析まで幅広く依頼可能

・効果の高いTikTok広告の運用

・効率的なSNSマーケティングやDXコンサル

費用目安

要問合せ

URL

https://enigol.com/

②リーディングコミュニケーション

リーディングコミュニケーション

リーディングコミュニケーションは、SNSマーケティングとプロダクションをマネタイズする広告ソリューションを提供する企業です。TikTokアカウントの運用代行はもちろん、TikTokerを使った商品やサービスのPRも可能です。

運営会社

株式会社リーディングコミュニケーション

特徴

・独自のカスタマージャーニーマップに基づいた運用で圧倒的な成長を実現

・SNSマーケティング事業とプロダクション事業に強み

費用目安

要問合せ

URL

https://www.le-commu.co.jp/

③CARAFUL

CARAFUL

CARAFULは、インフルエンサーマーケティング事業とプロダクション事業をメインとしているSNSマーケティング企業です。インフルエンサー事業ではTikTokをはじめとした各種SNSインフルエンサーを通してのクライアント支援を実施。P&Gやサントリーといった大手企業での導入実績も豊富です。

運営会社

CARAFUL株式会社

特徴

・インフルエンサーマーケティングとプロダクション事業に強み

・所属クリエイターを起用した大手企業での導入実績

費用目安

要問合せ

URL

https://www.caraful.co.jp/

④snaplace

snaplace

snaplaceは、TikTok運用においての全体での戦略の企画や立案、コンテンツ制作や投稿などを、一括で代行できる企業です。クリエイター所属数は1万人以上で、クライアントでの指名も可能。料金は動画コンテンツの提供も含め、全てコミコミの価格で利用できます。

運営会社

合同会社SNAPLACE

特徴

・一括での運用代行やスポットでの代行、動画制作のみの依頼も可能

・追加費用なしのコミコミ価格設定

費用目安

・TikTok運用代行フル

月額60万円(税別)〜

・TikTok運用代行スタンダード

月額50万円(税別)〜

・TikTok動画制作代行

月額40万円(税別)〜

URL

https://snaplace.biz/tiktokope/

⑤ウィニングフィールド

ウィニングフィールド

ウィニングフィールドは湘南・鎌倉を拠点に活動しているWebマーケティングとWebコンサルティングのプロ集団です。TikTok運用においては、AIを活用することで精度の高い運用型広告を提供。徹底的なマーケティングリサーチ、クライアントに合わせたニーズ&ウォンツの深堀りにより、クライアントから高評価を得ています。

運営会社

株式会社ウィニングフィールド

特徴

・TikTok広告運用代行に特化

・徹底的な商材&顧客リサーチで高い満足度を提供

費用目安

・広告費25万円未満

月額5万円(税別)〜

・広告費25万円以上

広告費の20%

URL

https://winningfield.net/tiktok2/

⑥studio15

studio15

studio15は、創業時からTikTokに特化したプロダクション事業として、クリエイターのマネジメントや広告動画の企画や運用、プロモーションまで一気通貫で提供。関連事業として企業向けセミナーや楽曲振り付けなども担当。NTTドコモなどの大企業からグアム政府観光局といった公的機関にいたるまで、幅広く導入されています。

運営会社

studio15株式会社

特徴

・TikTokに関連する事業を幅広く展開

・大手企業や公的機関でも導入実績あり

費用目安

要問合せ

URL

https://studio15.co.jp/

⑦Star Creation

Star Creation

Star Creationは、TikTokメインで活動する総勢300名超えのクリエイターをマネジメント、キャッチアップする、業界最大級のMCN(マルチチャンネルネットワーク)です。300名以上のさまざまなジャンルのTikTokクリエイターをアサイン可能。TikTok運用代行はもちろん、楽曲の制作やプロモーションも提供しています。

運営会社

株式会社スターミュージック・エンタテインメント

特徴

・業界最大級のMCN(マルチチャンネルネットワーク)

・300名以上のクリエイターからアサイン可能

・案件の性質に応じて最適なチームを結成、サポート

費用目安

要問合せ

URL

https://star-creation.com/

まとめ

ここまで、TikTok運用代行の概要と選ぶ時のポイント、おすすめのTikTok運用代行サービス6選を紹介してきました。TikTok運用代行は、企業に代わってSNSマーケティングに特化した企業がアカウントを運用代行するサービス。

導入することで時間と手間を省きつつ、効果的な運用が見込めます。TikTok運用代行の導入時は、目的の明確化、所属TikTokerの確認、サービス同士の比較検討が重要です。

本記事の内容を参考に、ぜひTikTok運用代行サービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

オンラインアシスタントで業務効率化

事務作業をオンラインで任せるならリモートワークのプロ "Remoba"

資料バナー

この記事の監修者

柳沢 智紀のプロフィール画像

株式会社Enigol

柳沢 智紀

株式会社リクルートホールディングスにIT人材として新卒入社し、集客戦略やマーケティング業務を経験後、SaaS事業部で事業開発を経験。その後、PayPalにて新規事業領域のStrategic Growth Managerを担当の後、株式会社Enigolを創業。SaaSサービスやAPI連携について、日々調査している。

資格
Remobaアシスタントトップ

目次

Remobaアシスタントの関連記事

サービス一覧

Remoba経理トップ
Remoba労務トップ
Remoba採用トップ
Remobaアシスタントトップ