1. 【2022最新版】税理士が選ぶ税理士におすすめの転職エージェント11選比較
【2022最新版】税理士が選ぶ税理士におすすめの転職エージェント11選比較

【2022最新版】税理士が選ぶ税理士におすすめの転職エージェント11選比較

ワーカー 更新日:
リンクをコピー

税理士の方が転職をしようと考える際に多くの人が活用している転職エージェント。どんな税理士事務所や会計事務所、一般企業があるのか、それぞれの事務所の特徴はどんなのかなど、1人では情報収集が難しい時に頼るべき、転職エージェントの活用方法やメリット、注意点について紹介します。

Remobaワーカートップ

目次

======================================

Pick Up▼当サイトでの人気トップ3!税理士転職エージェントを検討中なら、税理士転職に特化したサービスを!

【1位】ミツカル

当サイトおすすめランキングNo.1!好条件の求人に多くの転職者が満足!

======================================

資料を見る人

税理士転職エージェントとは

税理士が活用する転職エージェントは年々増えています。そんな中で、

「税理士におすすめの転職エージェントを知りたい」

「どのエージェントを選べば良いか分からない!」

と悩んでいる方はいませんか?

近年は会計業界を専門とした転職エージェントが多く登場するように、選択する転職エージェントの幅が広がっているため、転職エージェント選びに悩む方も多いと思われます。

会計職以外の総合系の転職エージェントから、税理士特化の転職エージェントまで特色はさまざまです。また、最近では会計・税理士事務所に勤務されている税理士、会計事務所職員の方だけでなく、企業の経理や銀行などの金融機関から会計事務所・税理士法人へ転職されるケースも多くなってきています。一般的に会計事務所や税理士事務所はホームページの充実度や外部への情報発信の力が弱いことから、会計業界では中途採用で転職する方にとっても、新卒で税理士を目指して会計事務所へ就職しようとしている方にとっても情報が取りづらい業界となっています。

そこで、税理士転職には転職エージェントを駆使して、効率的に自分にあった転職先を選ぶ必要があります。今回はどのような転職エージェントを選ぶべきなのか、それぞれの特徴を紹介していきます。

転職エージェントを使うメリット

まずは税理士転職エージェントの比較を調べる前に、エージェントを利用するメリットをご紹介します。エージェントを利用する場合と利用しない場合では、ここでも差が出てきてしまうので注意が必要です

精度の高い情報が収集できる

大手の税理士事務所や大企業であればまだしも、事務所や企業の多くは中小規模であり事務所の内情はなかなか見えにくいのが実情です。

転職エージェントは事務所の採用担当者から話を聞く、実際に足を運んで事務所の様子を確認する、過去の転職支援者からの情報を共有するなどして精度の高い情報を持っています。このような情報は求職者が個人で集めるのは難しいですが、転職エージェントを利用すれば気になる事務所・企業の情報を提供してもらうことができます。直接だと聞きにくいことも、エージェントを通して聞くことができます。

非公開求人への応募ができる

非公開求人とは、事業戦略上の理由や採用負担の関係から一般公開できない求人を指します。重要ポジションの求人や応募者が殺到する可能性が高い好条件の求人であるケースが多いのが特徴です。非公開求人に応募できるのは転職エージェントを利用した場合のみなので、質が高い求人に応募したいなら必須で利用するべきです。

自分にマッチした転職先に出会える

転職サイトから自分で転職先を探すよりも、転職エージェントを活用した方がより自分にマッチした転職先の税理士事務所や会計事務所に出会うことができます。転職エージェントの中には高いマッチング度を謳うサービスもありますので確認してみてください。毎月数百人の面談をするエージェントがあなたの性格や要望と、企業のポジションをマッチングしてくれます。

面接対策で自信をもって面接に臨める

転職エージェントを利用すると面接で自身をアピールするための効果的な方法や注意点、立ち居振る舞いなど実践的なアドバイスをしてくれます。面接では何を話せばよいのか分からない、緊張して頭が真っ白になってしまうなど面接に不安感がある方でも自信をもって面接に臨めるようになるでしょう。また、税理士事務所特有の面接対策をおしえてくれたり、税理士事務所にいる税理士さんの特徴など教えてくれるエージェントもあります。

年収や入社日の交渉

内定を獲得した後には具体的な年収や入社日の交渉に入りますが、こちらの希望と先方の希望がすぐに一致するとは限らず、個人で交渉するのは難しい面もあります。年収や入社日の交渉についても転職エージェントが代わりに行ってくれるため、求職者は退職の引き継ぎ等に専念できます。

特に年収については交渉に慣れているエージェントが行うほうが高年収につながる可能性が高いため任せるメリットが大きいでしょう。

資料

税理士転職エージェントの選ぶときの基準

税理士転職に特化しているか

転職エージェントには大きく分けると二つの種類が存在しています。

一つ目はさまざまな業種や職種を扱っている総合型のエージェントです。二つ目は、特定の業種や職種を扱う特化型のエージェントです。

総合型のエージェントは、求人数が多くさまざまな業種に対応しているため、利用する人が多いのが特徴です。しかし、専門性が低いため質の高い求人があるとは限りません。それに対して、特化型のエージェントはその業界の情報を専門的に扱っているため、質の高い求人に出会えるチャンスが広がっています。

総合型と特化型で比較すると、税理士・会計士などの会計業界の転職では特化型のエージェントがおすすめと言えます。理由は、税理士などの専門的な職種においては、より詳しい情報を得られ、質の高い求人に出会うことが重要だからです。

このように、税理士の方が転職エージェントを利用する際には、税理士に特化したエージェントなのかを確認するようにしましょう。

登録されている事務所の質

転職エージェントを比較する際に重要なポイントとして、登録されている税理士・会計事務所の質の高さがあります。事務所の質の高さを確認する観点の例として、評価制度や教育体制カリキュラムが明確であるかという点が挙げられます。評価制度や教育体制が明確である税理士・会計事務所は質が高いと言えるでしょう。このような事務所の求人が多いかという点で転職エージェントを見極めましょう。

好条件の求人事務所の量

好条件の求人が多いかという点も重要になってきます。転職する際に、労働条件というものは必ずと言ってもいいほど確認しなければなりません。自分にあった働き方ができる事務所に転職するようにしましょう。例えば、「年収が600万円以上」や「残業時間35時間以内」といったような条件は好条件であると言えます。

このような好条件の事務所を多く求人している転職エージェントを選ぶと失敗はないでしょう。

転職前の職場体験ができるか

転職前に職場体験ができるかどうかという点でも、比較することができます。転職前の職場体験のおかげで、転職のミスを防止することができます。職場体験をして、自分に合わないと思ったら、また別の転職先を探すことができます。 事務所の雰囲気や職員とランチ、実際の仕事を短期間一緒にする事でよりリアルな現場の声を聞き意思決定ができるようになります。

オファーが届くスピード感

転職エージェントに登録すると、税理士・会計事務所からオファーが届く仕組みになっているサービスがあります。より早いスピードで事務所からオファーが届くと、転職活動がしやすくなります。自分にマッチした事務所から早いスピードでオファーが届くエージェントを活用しましょう。

電卓とお金

おすすめの税理士転職エージェント11選

ミツカル

ミツカル

ミツカルは、税理士や会計士に特化した転職サービスです。たった15分のオンライン相談するだけで、今の職場よりも良い条件の税理士事務所・会計事務所からオファーが1時間以内に届きます。税理士転職に特化しているため、より詳しい転職情報を手に入れることができます。

ミツカルに登録されている事務所は、独自の厳しい審査を通過しているため安心して転職候補を見つけることができます。福利厚生・評価制度・退職金制度を導入しているような事務所従業員ファーストで考えている事務所が多数登録されています。評価制度や教育体制のカリキュラムが明確な事務所を紹介できるところが見つかるの特徴です。

また、平均600万円以上、残業時間35時間以内の好条件求人事務所が多数あります。転職するにあたって重要な条件である、年収や残業時間などの観点から見て、好条件と言えるような事務所に転職しやすくなっています。

さらに、転職後のミスをギャップを無くすためにミツカルでは最終選考前に短期間の職場体験を実施しています。 事務所の雰囲気や職員とランチ、実際の仕事を短期間一緒にする事でよりリアルな現場の声を聞き意思決定ができようになっています。

ミツカルに保有スキル登録すると、会計業界特化のキャリアコンシュルジュが転職者の専門性を詳しく把握し、100以上の税理士事務所から最も条件に合う事務所を提案してくれます。登録したスキルをもつ人材を求めている会計事務所が表示されるので、自分にマッチした事務所を選ぶことができます。

また、内定までのスピードが業界TOPクラスです。常に成長をしている会計事務所が多数登録しているため、優秀な方であれば最速当日面談、3日以内に内定の実績があります。

NO-LIMIT税理士転職

NO-LIMIT税理士転職は、公認会計士・税理士専門の転職エージェントです。監査法人や財務マネージャなどのハイクラスな非公開求人も多く取り扱っており、専門のアドバイザーが求職者一人一人のスキルや経験、希望に合わせた転職求人情報の提供や転職を成功させるための履歴書の書き方や面接のサポートを行っています。また、入社後の長期的なフォローも行っています。

マイナビ税理士

マイナビ税理士は、税理士や科目合格者を対象とした転職支援サービスです。業界トップクラスの取引先があり、大手から中堅規模の税理士法人や会計事務所、事業会社など求職者の希望条件に合わせた求人の提案を行っています。求人の紹介だけでなく、キャリアカウンセラーによる職務経歴書や企業ごとの面接対策などのアドバイスも行っています。内定後や入社後のアフターフォローもあります。

MS-Japan

MS-Japanは、経理や人事の管理部門や会計士や税理士専門の転職エージェントです。上場企業やIPO企業、限定非公開の求人も多く保有しており、会計士や税理士などの職種に精通したアドバイザーが、個々の希望や条件に合った最適な求人の紹介を行っています。また、応募から、面接のアドバイス、労働環境の確認、年収交渉まで幅広い転職サービスを提供しています。

REXアドバイザー

REXアドバイザーは、公認会計士や税理士、財務、経理の転職に特化したエージェントです。経験豊富なコンサルタントが、資格やキャリアを活かして活躍することができる、監査法人や会計士事務所、IPO準備中企業などの求人紹介を行っています。また、応募先の選び方や応募書類の記入方法等のアドバイス、選考のスケジュール調整の支援もあります。内定・転職成功後のキャリア形成までサポートを行っています。

パソナキャリア

パソナキャリアは、総合系転職エージェントですが、公認会計士や税理士などのハイクラス転職支援も行っています。経理などの専門知識をもった専任のコンサルタントが豊富な求人の中から、求職者にあった応募先の紹介や人事目線での応募書類の書き方や面接のアドバイスなどのサービスを提供しています。また、希望にマッチした求人があれば、転職をしたいという方向けのスカウトサービスもあります。

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリアは、公認会計士・税理士の転職を専門にサポートするエージェントです。上場企業や優良企業、ベンチャー企業など幅広い非公開求人の中から、若手から管理職まで様々なキャリアステージにあった求人の紹介や応募先の職場環境などの情報提供を行っています。年収や待遇の交渉、キャリアシートの作成、面接トレーニングなどのサポートもあります。

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

最速転職HUPRO(ヒュープロ)は、税理士や公認会計士、管理部門の転職エージェントです。独自のアルゴリズムを使用した自動マッチング機能で、スピードある転職活動を支援しています。また、専任のキャリアアドバイザーが、選考中の疑問や条件交渉などのサポートも行っており、求職者の転職活動の手間や負担を軽減し、最適な求人に出会う支援を行っています。

エルキャリ

エルキャリは、公認会計士や税理士、税理士科目合格者など、財務・経理・会計分野に特化した転職エージェントです。監査法人や事業会社、起業経験を活かした転職サポートを行っています。特に、監査法人から転職する若手会計士や税理士の転職支援実績や知識が豊富です。非公開求人や一般公開求人の中から、ワークバランスやキャリアの希望に沿った求人の紹介を行っています。

人材ドラフト

人材ドラフトは、会計事務所や経理、財務など会計業界の求人を専門に扱うエージェントです。専任のカウンセラーが、入社後のスキルアップやキャリア構築を見据えた求人紹介や転職活動のサポートを行っています。非公開求人の企業情報の提供だけでなく、応募先企業の雰囲気や特徴などの情報も提供をしています。また、内定後も入社や退職のための手続きの支援も行っています。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界大手の転職エージェントです。会計士や税理士などの業界特化型ではありませんが、会計業界の公開求人・非公開求人ともに豊富にあります。会計業界に精通したキャリアアドバイザーが対面や電話で面談を実施し、希望にあった求人の紹介からキャリアプランの提示、書類の添削や面接対策、年収交渉など転職先の入社まで、転職活動のサポートを行っています。

本棚

税理士が転職を成功させるための5つのポイント

税理士が転職を成功させるための5つのポイントを紹介します。

面接では転職先を審査するという意識を

面接は、審査される場だと考えていませんか。それは少し違って、面接は相互理解の場だと言えます。

求職者も転職先を審査する姿勢が大切です。面接で弱気になってしまうと自分の希望を伝えきれないこともあるでしょう。

もちろん、聞きにくいことは内定をもらった後に聞けば良いのですが、調子の良い返事ばかりしないように気を付けてください。

離職率や離職理由を聞いておく

他の職種と比べると税理士や会計スタッフの転職回数はやや多めです。そこで、離職率や離職理由を聞いておくことをおすすめします。

人間関係や給料への不満、ワークライフバランスが整ってないという課題が見えたら、我慢できるものなのか熟考しましょう。

ポジティブな理由で退職する人はまれですので、どのようなストレスが考えられるか可能な限り探ってみましょう。

転職先の得意分野を理解する

税理士に強いがあるように会計事務所や会社にも強みがあります。転職先の得意分野を理解した上で、自分の強みやスキルとマッチするか検討しましょう。

転職先は、さまざま考えられるので、幅広い視野で考えてみましょう。

35歳以上の転職では税務知識以外もアピール

35歳以上の転職ですと、税務知識だけではなく、マネジメント能力や営業力、調整力なども求められることを知っておいてください。

40歳以上になると、その傾向はますます強くなります。

さらに、一般的な税務知識に加え、国際税務や移転価格・SPC・IPOなど、オリジナリティーのある価値を提供できるのが望ましいです。

握手する男性2人

税理士・会計士・経理が転職する際にあると良いスキルや資格

簿記

簿記とは企業の出納を管理する帳簿を記入して、報告書を作成する業務のことを指します。

経理は企業内の出納を管理して、何か不審な点は無いか、報告すべき点に相違はないかをきちんとチェックする役割があります。

事業の決算書を作成する必要がありますので、簿記の知識があれば業務でフル活用することが出来ます。

簿記検定は1~3級まであり、日商簿記・全経簿記・全商簿記の3種類あることでも知られています。

全商簿記は高校生を対象にしている簿記検定で、比較的基礎レベルの問題が多いので、資格を持っていない人は入門編として受験してみてもいいでしょう。

全経簿記は上級に合格すると税理士の受験資格を獲得できますので、よりさらに上を目指したいと考えてている人は受験を検討しましょう。

日商簿記はビジネスマンが最も多く取得する資格の一つです。

実際に就職試験の時にも参考にされることが多く、仕事にも生かせる内容です。

経理をやる以上企業内のお金の管理を担当するのですから、簿記検定の取得は必須になります。

電子会計実務検定

電子会計実務検定は、パソコンのソフトなどのネットのシステムを利用して、経理要務を行う人の実務能力を図るための検定です。

どこの企業でも会計ソフトを導入して、コンピュータネットワーク上で情報を管理し、分析していきます。

しかし会計ソフトをつかって業務を行うには、ソフト自体の知識はもちろんのこと、ソフトを利用後のデータを活用して、企業内の情報を分析するところまで実施する必要があります。

日本紹介会議所が主催している検定ですので、企業内で会計ソフトを利用して業務を行うことが決まっている場合には受験を検討してみてください。

コミュニケーション能力

企業で経理として働くにはコミュニケーション能力も必要になります。

ただ淡々と企業内で経理の業務をこなせばいいだけではなく、他の同僚と連携しながらこなさなくてはならない業務もあります。

一定レベルのコミュニケーション能力を持っていないと、業務に支障が出ることもあります。

普段から周囲の人とのコミュニケーションをきちんと取っておきましょう。

面接の場でも応答次第で合否が変わることもありますので、普段からの心掛けが重要です。

Excelの利用知識

経理の仕事を行うにはExcelの知識がないと、うまく利用できないこともあります。

Excelは様々な関数があり、関数をうまく組み合わせて業務を行うことが求められます。

MOSなどの検定もありますから、興味のある方はエビデンスとして取得してみてもいいでしょう。

置き時計

税理士転職によくある質問

税理士に年齢制限はありますか?

税理士に年齢制限はありません。

しかし税理士試験に合格して実務経験を2年以上を積まなければ正式な税理士として認められません。

また、税理士試験は合格に数年を要することから、試験獲得年数も頭に入れてライフプランを設計してください。

Q2:女性でも働きやすい環境ですか?

税理士は資格を持っていれば働けるため、復職がしやすく、育児や家事を優先させたい場合などは派遣やパートといった働き方もあり、柔軟に働けるので女性も働きやすい職場といえます。

Q3:大手企業と中小企業の違いはなんですか?

扱う案件が異なります。

税理士事務所には大手税理士法人と中小税理士法人があります。

大手税理士法人では、国際税務などの高度なスキルが求められるため、十分なスキルアップやキャリアアップを目指すことができる反面、中小税理士法人と比較すると多忙であるといわれています。

一方で中小税理士法人ではクライアントに関する一連の業務を税理士が一人で担当します。

そのため広い範囲の実務を一人で行えるゼネラリストとして活躍できるでしょう。

Q4:会計事務所と税理士事務所の違いは?

会計事務所と税理士事務について説明します。

正式名称である「税理士事務所」に対して、「会計事務所」は俗称です。

「税理士事務所」と言ってしまうと、税務に関係のある業務しか取り扱っていないように思われると考え、「会計事務所」と名乗っている場合があります。

「会計事務所」と「税理士事務所」はほぼ同じですが、「税理士事務所」と「税理士法人」は組織形態が違います。

「税理士事務所」は税理士が個人事業主として運営するのに対し、「税理士法人」は2名以上の税理士が所属する法人です。

ノートに書く女性

税理士が転職するならミツカルで!

税理士の方が転職をするなら、ミツカルを活用するのがおすすめです。

転職エージェントを選ぶ際にはこれらの基準で選ぶと失敗しない転職ができます。

税理士転職に特化しているか
登録されている事務所の質
好条件の求人事務所の量
転職前の職場体験ができるか
オファーが届くスピード感

ミツカルは税理士の転職エージェントを選ぶ基準を全て押さえた転職エージェントになっています。

税理士転職に特化しているミツカルを活用して、転職活動を効率的に進めるようにしましょう。

まとめ

今回は税理士転職のポイントや転職エージェントの比較などを見てきました。転職活動をする際には自分に合った転職エージェントを活用することが大切になってきます。

この記事を参考に税理士転職を成功できることを願っています。

この記事の監修者

辻田 和弘のプロフィール画像

株式会社Enigol

辻田 和弘

東京大学経済学部を卒業後、丸紅株式会社に入社し経理部にて事業投資案件の会計面での検討、支援を行う。また子会社の内部統制の構築、IFRS導入プロジェクト、全社連結会計システム導入プロジェクトに従事。現在は株式会社Enigolを創業し、Remoba経理全体の監修を行い、スタートアップから中小企業および大企業の経理業務の最適化オペレーションの構築を担う。

資格
公認会計士
税理士
Remobaワーカートップ

目次