1. 現金主義

「現金主義」に関する記事

現金主義は、現金や預金の入出金の事実があって初めて費用や収益を計上するものです。実際に現金が動いた時点で記帳されるため確実性が高いといえますが、現在の企業間取引では、売掛金や買掛金などの信用取引が主流になってきているため、現金主義では正しい損益の計上ができず、経営状況を正確に把握できないという不都合があります。